スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                

カオスによるデザイン

  • 2007/10/03(水) 10:40:05

今日は、ニューラルシステムにおけるカオスの第5章カオスニューロンモデルとそのネットワークダイナミクス、を参考にして、カオスニューロンを2次元配置4近傍結合した系の時空間パターンダイナミクスを観察した。写真はパターンが生成されていく様子である。


f:id:emsh:20071003221655p:image:left

※僕は一番右下の様相が気に入っている

※時系列としては以下のようになっている

123

456

789



スポンサーサイト

                

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

EMAIL:
IP:
現段階では美しさについて科学は力を安易に持つとは思えないな。記号的概念を同処理するか、という点においての議論はまだ分析的な美学の方が強いと思える。

無摂動や無近似での議論がもの凄い重要になって来ると思う。

1/5スケールで例えば似顔絵を書くとする。
我々は書く時、ほんの少しのずれなのに、書いたものは実物とはまったく離れたような印象を完成品から受ける。

たった一つの点を微妙に付け加えただけで印象が変わったり、というのは対称性という軸だけでなく、非対称性という性質の中で我々が認識の上で何を注視しているかという事を検証しなければならないと思う。

  • 投稿者: rat
  • 2007/10/04(木) 01:34:40
  • [編集]

EMAIL:
IP:
全面的に同意、特に無近時での議論っていうのは、今まであまり考えた事がなかったけど、納得。
非対称の性質っていうのは、対称からの逸脱、という意味で認識に表れてくる事が多いと思うのだけど、そういう意味では対称の性質に基づくものも多いとは思う。
rat「現段階では」のところに共通するのだけど、科学はいつかは多少とも美に足を踏み込むことができるかもしれないな、
という思いが、創作後の興奮から生じた、ということなんだろうね。

  • 投稿者: emo
  • 2007/10/04(木) 06:29:35
  • [編集]

EMAIL:
IP:
対称性は数学的には群論でうまく議論されている。代数の世界で書かれないものについて対称を定義するのは難しいだろうね。
ただ、対称なものと非対称なものの距離、というものを定義できるかどうかわからない(定義はできるけども、美を議論する際にその有用性に疑問)。

  • 投稿者: rat
  • 2007/10/04(木) 06:57:52
  • [編集]

EMAIL:
IP:
対称の崩れを良く定義できたら面白いんだけどね。
ガロアと群論を読んでみようかな。群論はほとんど触れた事がない。

  • 投稿者: emo
  • 2007/10/04(木) 07:29:44
  • [編集]

EMAIL:
IP:
しかし、ゆらぎから、というのは少し適当すぎるタイトルだった。

  • 投稿者: emo
  • 2007/10/04(木) 10:00:44
  • [編集]

EMAIL:
IP:
galoisと群論は凄く良い本です。

  • 投稿者: rat
  • 2007/10/05(金) 16:36:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。