スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                

効率性から逃れて

  • 2009/07/06(月) 04:16:42

最近は技術(注)という物が粗雑に消費されている気がする。

盲目的に開発競争が行われた結果とした生まれた技術は、消費者の手に渡ったと思うや否や、直ぐさま次の技術に取って換えられていく。次から次へと生産される技術は、それぞれがしっかり賞味される暇もなく、使い捨てられて行く。

もっと大きく腰を据え、人々の生活という、大きく緩やかな流れによって、ゆっくりと研磨するように育て上げてこそ、本当に豊かな技術というものが創造されるのではないだろうか。


例えば、長年に渡って同じ自転車を愛用していると、ゆっくりとハンドルが自分の手になじんでいき、遂には自分にとってこれ以上ないというほどに調整されたハンドルとなる。

これと同じ様に、技術というものも、多くの人によって愛を持って用いられ、ふんだんの時間を供にしながら成熟していくからこそ、本当に良いものが育つのだとおもう。

製作者同士の競争に急かされる様に、人との繋がりを希薄にして、それだけが浮き上がる様にして出来上がった技術には美しさを感じない。

技術もデザインも、人と自然と生活の中に塗れてこそ、本来の輝きを放つ。


だけどなかなかこれは難しい問題である。

民芸、工芸のように生活という土壌の上で悠久の時間をかけて技術を育てていた昔とは違って、資本主義というレールの上で"効率的に"技術促進するのが今の主流になっている。それはそれで良かったのだけど、こうした加速によって生まれた急流に、もはや人々は足を掬われ、ひっくり返っているのではないだろか。

目的の無い競争にむち打たれて数多くの技術を開発するより、人生にたった1つでいいから、自分が本当に愛し、慈しみ、心を捧ぐことのできる技術を開発してほしいと思う。

様々の面で、効率化は既に多大に成されたのだ。

その効率化によって得た余裕を、そろそろこのような真の創造に費やしてもよいではないだろうか。

我々は"効率化"という呪縛から逃れなければいけない。



(注)ここで技術という言葉を使ったが、これは比喩であり、デザインなど他の言葉を入れても同様である




スポンサーサイト

                

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。