スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                

図書館の一歩外に出て

  • 2008/12/12(金) 18:03:31

図書館の中の暖房では少し肌寒く感じるので、今日は野外で勉強することにした。
当然、外は図書館より寒いのだけど、そういう環境に敢えて身を置くことで、身体が「ここは寒いぞ、気をつけろ!」と警報を出し、血流を高め、結果的には暖かく感じるものだ。

それに、外は図書館と違って喋っても良いというのが心地よい。
図書館の中では喋ってはいけないというルールがあり、そのルールによって皆が行動の半径を規定されている。その規定が完璧に行き届いて、ピタリとみんなの半径が一致すれば、それはそれで美しいのだけど、そうも行かないのが現状だ。
それに比べて図書館の一歩外に出ればそんな規則はなく、各々が周りとの関係を読み取って、自ら行為の幅を決める。そうして自ずと生まれた規律性の網の中で勉強するというのが、実に清々しい気分にさせてくれる。

子供のはしゃぐ声や、母親が語りかける慈愛に満ちた言葉、恋人達の幸せに満ちた語りや、風と木々のざわめき、それらが織り成す音楽が、最高のBGMになる。

スポンサーサイト

                

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。