スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

                

写真

  • 2007/11/28(水) 05:06:28

圧倒的な風景を目前とすると、その振動する大気が僕の心臓を掴みこんで、どくどくと打ち鳴らしてくる。そういうとき、なんとかその情動を残せはしないかと、写真を取ることがあるのだけど、大抵はその後に、しまったなぁと思う。写真には僕の心を掴んだ何かは移らないのだ。だからそういう目的で写真を取るのは好きではない。


人が移る記念写真とかは好きだ。思い出はいつだって自分側にある。


今日の小石のブログに乗っていたような写真も、好きで、其の人の環境への触れ方が良くにじんでくると思う。


写真はやはり創造の一環としてあるのが魅力的だと感じる。

スポンサーサイト

                

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。